加古川市でむち打ちやスポーツ障害・スパイラルテーピングなら山電浜の宮駅近くの横山鍼灸接骨院へご相談ください

TEL:079-421-1250 兵庫県加古川市尾上町口里701-25

コンビネーション療法

当院ではHi-Voltage(ハイボルテージ)療法・MCR療法(マイクロカレント療法)・超音波療法を同時に行う最先端のコンビネーション療法を行っています。

ハイボルテージ療法とは

ハイボルテージ療法ハイボルテージ療法とは欧米生まれの高電圧電流(最大150V)を用いる鎮痛効果の高い治療法で、最近では国内でもよく利用されるようになりました。

従来の電気治療に比べて短時間で痛みを軽減できる事から、その場で効果が要求されるトップスポーツ選手が活躍する現場などで用いられる事が多い最先端の高圧電気療法です。

サッカーイングランド代表の有名選手やメジャーリーグで活躍する日本人選手、日本国内で活躍するプロ・アマの有名選手などに愛用されています。

MCR療法(マイクロカレント療法)について

MCR療法(マイクロカレント療法)MCR療法とは人体に存在する電流に似た、マイクロ電流を体内に流すことで、筋肉に刺激を与え傷ついた細胞の修復を促進する治療法です。

極めて弱い電流でほとんど刺激を感じませんので、神経や筋を興奮させず、運動後の筋肉痛の軽減や疲労回復に有効です。
この治療法は世界中のトップアスリートや、最近では有名芸人が行った地球一周アースマラソンでも愛用された実績もあります。

超音波療法について

超音波療法超音波療法とは温熱及び非温熱効果(音圧効果)を伴う理学療法の一種で、血流やコラーゲン線維組織の進展性を増加させて、損傷部を改善させる治療法です。

筋肉と関節組織の障害に対して行い、疼痛緩和と関節部可動化の獲得を目的としています。

この治療法は現在では世界で最も多く使われている理学療法です。

また患部を立体的に直接温める立体加温効果もあります。
超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めます。


ページの先頭へ